◎ズワイガニとズワイガニ  
活けは茹でて食べjる事が多いです。 多少水分が多いものの、甘くて舌の上で適度にほぐれる食感に人気があります。

由来◆ゆでていないのに紅(あか)いため。

皆さんはズワイガニとズワイガニの違いはご存じでしょうか?
値段が違うというだけではなく、棲む場所や捕り方にも色々な違いがあるのです。 
 属腫  ズワイガニ  ズワイガニ
外観     
呼び名   紅ガニ     紅ズワイ蟹  松葉ガニ(山陰)    越前ガニ(北陸)
 特徴 身は甘みがあり、水分の多いカニです。
保存中に水分が抜けて身が少なくなることを避けるため、甲羅を下にして保存します。
身がぎっしり詰まっているのがズワイガニの魅力です。
ズワイガニのメスで卵を抱えたものを親がに、脱皮直後のものを水ガニ・若松葉などと呼んでいます。
 棲み処 日本海の深海

水深約500m~2500m
日本海の大陸棚

水深約200m~400m
漁期  秋から春

9月1日~6月30日


11月7日~3月20日(雄・松葉ガニ)
11月7日~1月10日(雌・親ガニ)
1月16日~3月15日(若松葉)
漁獲方法 カニかご漁

ロープに50m間隔で、150個のカニかごがついた漁具を使います。
これを海底に約2昼夜沈めてカニが入るのを待ちます。
漁具の長さは、約1万mにもなり、これを9セット使用します。
底引き網

香住では、小型機船での底引き網で獲ります。